MENU

自己破産のおかげで苦しみから解放された

自己破産をしましたが、もっと早めにやっておけばよかったと今では思います。多数の貸金業者から借金をする生活を続けていました。借りる業者が増えるごとに借金が膨らんでいき、自分の給料では月々の返済が難しい水準になってしまったんです。返済できずにいると、多数の貸金業者から督促が届き、そのうちに公共料金の支払いまで難しくなり、ガスや電気が止まってしまうこともしばしばあったんです。

 

もう死ぬしかないと考えるほど追い詰められた自分でしたが、ここまで追い込まれたのはプライドが高かったからです。今からでも頑張ればきっといつか返済できると考えていました。しかし、自分なりに頑張ったつもりでも借金がなかなか減ってくれません。食事が喉を通らなくなり、すっかりやせ細ってしまった姿を心配して、知人が話しかけてきたんです。思い切って知人に借金のことを話すと、弁護士にすぐに相談すべきだと教えてもらいました。

 

弁護士のサポートによって自己破産が決まり、一切の借金を返済する義務がその時点で消滅しました。督促も届きません。こんなに気持ちが楽になるのかと思ったほどです。死にたいと考えるほどの苦しみから解放され、借金のなかったあの頃の生活を取り戻すことができました。

 

自己破産することになりました

ファッションが大好きな私は仕事を始めてからは収入の大部分を買い物に充てていました。実家が貧乏で子供の頃はいつも姉のお下がりや、近所のお姉さんにもらった服ばかり着ていましただから、大人になって仕事をするようになってからは、自分で得た収入のほとんどを洋服に使っていたのです。流行はどんどん変わるので、買い物をどんなにしても欲しいものがなくなることはありませんでした。給料日はいつもお金を握りしめてショッピングしていました。

 

そんな私も、次第に給料日だけでなく、いつでも買い物をしたいと思うようになりました。それでクレジットカードを使うようになったのですクレジットカードを使うようになってからは、とても楽しかったです。毎日が給料日のような感覚でした。毎日、仕事が終わると買い物し、自宅でもネットショッピングを楽しみました。

 

そのおかげで、次第に支払いが滞るようになってしまったのです。クレジットカードの支払いに困り果てて、ついに自己破産することになりました。貧しい実家に頼んで肩代わりしてもらうことなどできませんから、これで良かったと思っています。自己破産することで、物欲を抑えることができるようになりました。

 

自己破産できました

社会人になってから自宅から出て、ひとり暮らしをしています。ずっと親から自立してひとり暮らしをすることに憧れていましたが、いざ始めてみるとせいかつはとても大変でした。家賃や光熱費、食費も全て自分の給料で賄わなくてはならなくて、それがとても大変でした。会社で飲み会などあると、もう大変です。

 

お金が足りなくて、キャッシングに手を出さなくてはお付き合いをすることすらできませんでした。生活するだけで精一杯だったので、洋服を買うお金すらありませんでした。時には同僚たちのようにオシャレをしたくて、キャッシングをして買い物をすることも増えました。そのようなことをしているうちに、支払いが滞るようになりました。

 

親や友だちに頼るわけにもいかず、自己破産を考えるようになりました。知り合いの弁護士さんに相談して、自己破産の手続きをお願いしました。これでやっと苦しかった返済から抜け出すことができます。弁護士さんに相談して良かったです。自己破産後は穏やかな生活をしています。実家に戻り、自分の給料の中で生活できるようになりました。やっと普通の生活ができるようになりました。友人と食事をしたり、ショッピングも楽しめるようになりました。自己破産して良かったです。

お気に入りサイト

  • 債務整理借金返済

    借金返済に悩んでいるのであれば、弁護士に相談して債務整理で解決するのが最適です。